千葉大学医学部附属診療放射線技師学校同窓会会則(新)

第1章 総 則

第1条 本会は、千葉大学医学部附属診療放射線技師学校同窓会と称する。

第2条 本会は、本部を千葉大学医学部附属病院放射線部内に置く。

第3条 本会は、会員相互の親睦と発展を図ると共に、学術を通じて本会の維持発展に寄与することを目的とする。

第4条 本会は、前条の目的を達成するために次の事業を行なう。
(1)総会の開催    
(2)亥鼻放射線学会の開催
(3)その他、本会の目的達成に必要な事項

 

第2章 会 員

第5条 本会の会員は、千葉大学医学部附属診療エックス線技師学校、千葉大学医学部附属診療放射線技師学校を卒業した者および本校の元教職員をもって構成する。

第6条 本会の会員は、会の目的を尊重し、社会の尊敬と会員相互の信頼を得ることに努めなければならない。

 

第3章 役 員 第7条 本会に次の役員を置く。    

(1)会 長           1名    

(2)副会長           2名    

(3)監 査           2名    

(4)幹事            若干名    

(5)亥鼻放射線学会大会長    1名    

(6)亥鼻放射線学会実行委員長  1名

第8条 会長、副会長ならびに監査は、役員会において会員から選出し、総会で承認を得る。

第9条 幹事は、会長が会員から選出し委嘱する。

第10条 亥鼻放射線学会大会長、亥鼻放射線学会実行委員長は、役員会で推薦し会長が委嘱 する。

第11条 役員の任期は2年とする。ただし、再任を妨げない。

2)役員のうち、亥鼻放射線学会大会長、亥鼻放射線学会実行委員長の任期は、1年とする。ただし、再任は妨げない。

第12条 会長は、本会を代表し、会務を統括する。

2)副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときは、その職務を代行する。

3)監査は、他の職務を兼任することはできない。

4)幹事は、会長、副会長を補佐し、総務、会計、編集、広報、学術等の日常会務を遂行する。

 

第4章 顧問および名誉会員

第13条 本会には、顧問および、名誉会員を置くことができる。    

(1)顧問は、役員会の推薦により会長がこれを委嘱した者。    

(2)名誉会員は、本会の事業に功績顕著であった者に付き、役員会の推薦により総会の承認を 得た者。

2)顧問および名誉会員は、重要な会務について会長の諮問に答える。

 

第5章 会 議

第14条 会議は、総会、役員会とする。

第15条 総会は、年1回これを開催する。

第16条 総会は次の事項を付議する。    

(1)会務報告    

(2)会計報告    

(3)事業計画    

(4)予算    

(5)その他の重要事項

第17条 役員会は、会務執行に関する事項、本会の事業に関する事項、その他、会長が付議 する事項について審議する。

第18条 役員会は、会長が必要と認めた時および役員からの要請があった時、会長がこれを 召集する。

第19条 総会は、当該年度会費納入済会員の出席で成立する。

2)役員会は、構成員の半数以上の出席で成立する。

第20条 総会ならびに役員会における議決または承認は、出席会員の半数以上の賛成によって 決定する。

 

 

第6章 会 計

第21条 本会の会計は、会費またはその他の収入をもってこれに充てる。

第22条 本会の会費は、年会費1,000円とし、定められた方法で毎年納入する。

 

第7章 改 正

第23条 本会則の改正は、総会での承認を必要とする。

 

 

第8章 付 則

第24条 本会則は昭和44年4月1目より施行する。

□昭和51年3月6日 会費納入等改正

□昭和57年6月19日 会費納入等改正

□平成元年6月24日 会員・顧間等改正

□平成14年6月29日 全体的改正

□平成26年6月28日 全体的改正