慶弔に関する規定(新)

第1条 この規定は、本会の慶弔に関する事項を定めることを目的とする。

第2条 この規定による慶弔は次の通りとする。

  (1) 弔事の場合は、弔電もしくはそれに代わるもの

  (2) 慶事の場合は、祝金もしくはそれに代わるもの

  (3) その他役員会にて必要と認められた場合は、この限りでない。

第3条 慶弔の対象は、会員(会費納入者)、名誉会員、及び顧問とする。

2.本会に関わる事項で、役員会がこれを認めたもの。

第4条 金額その他必要な経費は、役員会に諮って決定する。

2.特別な事由により、この規定によることが困難な場合は、会長の決裁を経て執行することができる。

 

付 則

1.この規定は役員会の決議により改定することができる。

2.この規定は平成4627日より施行する。

       

□平成5626日改定

□平成14629日改定

□平成26628日改定